入れ歯・インプラント

高木歯科の入れ歯治療

歯を失ってしまった場合の選択肢のひとつである入れ歯。よく「噛みにくい」「違和感がある」「不便」などのマイナスイメージを持たれがちですが、治療に制約のない自費の入れ歯であれば患者さんにあった、素材や手法を取り入れて、歯科技工士の協力を得ることで精度の高い入れ歯を製作することが出来ます。高木歯科では自費の入れ歯を中心に患者さん合ったよく噛める入れ歯を提供いたします。

保険と自費の入れ歯

保険の入れ歯 自費の入れ歯
保険適用の入れ歯です。歯科用プラスチックを材料につくられております。きちんと調整すれば問題なく使えますが、一方で自費の入れ歯と比べると機能面・審美面で見劣りする部分もあります。 保険適用にならない入れ歯です。様々な素材があり、保険の入れ歯よりも薄くつくれるのでより違和感を抑えられます。また、機能面・審美面から見ても自費の入れ歯のほうが総じて優れています。費用をかけられる場合、より良い入れ歯をつくりたい場合におすすめです。

当院おすすめの自費の入れ歯

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

欧米で高い信頼性を獲得しているのが、コーヌスクローネデンチャーです。これはバネの代わりに茶筒の原理を応用して固定する入れ歯。内冠と外冠の摩擦力で装着しているのでとても自然な感覚で噛むことができ、かつ外れにくいという特徴があります。

ご存じの通り、多くの入れ歯は歯に針金、留め金、バネをかけて固定します。そのためバネをかけられた歯には咀嚼のたびに負担がかかり、寿命が縮まりがちという欠点がありました。一方、コーヌスクローネデンチャーは歯とぴったり一体化するため、咀嚼時の圧力は歯全体と顎堤粘膜面にかかり負担が分配されるため、残っている歯が長持ちしやすいのです。また、審美性、機能性、清掃性にも優れているため、たくさんの方から選ばれている入れ歯です。

コーヌスクローネ(konus krone)デンチャーの利点

患者様による清掃性に優れる

針金がないため、ブラッシングの邪魔になりません。もちろん、見た目も自然に仕上がります。

こわれにくい構造で堅牢である。強固な支持が得られる

咀嚼時の圧力が歯全体と顎堤粘膜面に分配されるため、高い安定感が期待できます。

修理が容易なので長期間使用できる

残っている歯を抜歯しなければならなくなったときなど口腔内環境が変化しても、修理することで長期間使用できます。

口元が若々しくなる

表情筋が鍛えられ、口元のお肌がピンと張り、若々しく見えるようになります。

左から見たケース
左から見たケース

右から見たケース
右から見たケース

正面から見たケース
正面から見たケース

 

咬み合わせ
咬み合わせ

咬み合わせ
咬み合わせ

裏側
裏側

金属床

金属床

歯ぐきにあたる床の部分が金属でできた入れ歯です。金属を使えるので薄くつくることができ、食べ物の温冷が伝わり食事が楽しめ、違和感が少ないという特徴もあります。

高木歯科の入れ歯治療

歯が抜け落ちてしまった部分のあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯をかぶせる治療です。外科手術が必要、治療費用が高額、治療期間が長いなどのデメリットはありますが、天然歯に近い感覚で噛める、審美性が高いなど、インプラントならではのメリットもあります。当院ではインプラント治療も行っていますので、検討されている方はお気軽にご相談ください。

ザイブインプラント(XiVE
)

当院では2004年にドイツのフリアデント社が開発したザイブインプラントを採用しています。 よりしっかり骨に食い込むように設計されています。またセルプラスという独自のインプラントの表面の性質を採用していて、より高い比率での骨とインプラントの接触を実現させています。